園の紹介

幼稚園の方針と特色

白山幼稚園は、夢見が崎動物公園、国宝「秋草文壷」を出土した「白山遺跡」の近くで、静かで自然に恵まれた所にあります。
都会の子どもたちは、自然とのふれあいが不足しがちです。そこで、白山幼稚園では、夢見が崎公園、綱島公園ログハウス、大師公園、南加瀬ふれあい広場、平和公園、三ッ池公園等への散歩や遠足を通して、豊かな自然とふれあい、子どもたちの「感性」や「自然環境を大切にする心」を育てます。また、下記のような「4つの教育理念」も大切にしています。

七転ハ起

失敗?大丈夫!頑張っているのを知ってるよ

初めての集団生活、大好きなお母さんお父さんから離れて自分の力で頑張る子どもたち。
園生活の中では様々な活動に取り組みます。
最初はなかなかうまくいきません。失敗を繰り返すこともあります。励まし認め合いながら挑戦を続けることで「やってみよう!」「がんばろう!!」「できた!!!」の気持ちが育ちます。

本能開放

ワクワクの引き出しをたくさん開けよう

遊びは子どもの命。
砂、泥、水は多様に形を変える最高の素材!遊び方は子ども達次第!「かたいおだんごを作るには、どのくらい水がひつようかな?」「ここに水を流したらどうなるかな?」と発想を働かせ、自由に使い遊びます。
体操服の汚れはたくさん遊んだ証拠です。
おかあさんゆるしてね♡

優心開花

育てよう優しさの種 咲かせよう思いやりの花

子どもたちはみんな優しさの種を持っています。
園生活の中でお友達や先生からもらったやさしい気持ちを心の栄養にして、相手のことを考えて行動できる思いやりの花が開花します。
寄り添う気持ち、応援する気持ち、自分のことのように喜ぶ気持ち、感謝する気持ち…色とりどりの花を咲かせます。

白山食楽

行事を通して『育てる』『作る』『食べる』を楽しむ

白山幼稚園の子どもたちは、畑から春はじゃがいもを掘りカレーパーティー、秋はサツマイモを掘り、みんなで焚火を囲んでやきいもパーティー。
冬は育てた野菜を使ってみそ汁パーティーなどを楽しみます。
その他誕生会では手作りおやつを作って、お友達と食べることを楽しみます。